ホストクラブオーナーの年収はいくら?給与の仕組みや店舗規模による目安

ホストクラブは大金が動く世界。稼げるチャンスはたくさんあります。

プレイヤーや内勤としても稼いではいけますが、さらに年収を上げるのであればホストクラブのオーナーを目指すのもひとつの方法です。

そこで、今回はホストクラブオーナーの年収を網羅的に解説!実情をエリア・店舗規模の要素に分けてご説明します

将来的にオーナーを目指すためには必須の知識なので、ぜひ押さえておきましょう。

あわせて読みたい
ホストクラブを新規出店するには?2つの独立方法と開業手順を解説【経営】 ホストクラブの独立開業は、ホスト業界で働いている人にとっては大きな夢の1つですよね。 しかし独立開業には複雑な手続きや様々な経営知識が必要で、簡単にはいきませ...
目次

ホストクラブオーナーの給与は店舗の収益次第

ホストクラブのオーナーの給与は、店舗の収益によって増減します。

ホストクラブオーナーの給与の要点

・店舗の収益=総売上-総コスト

・オーナーが最も高収入とは限らない

・店舗の規模に応じて儲けやすくなる

では、具体的にどのように給与額が決定されるかについて詳しく解説していきます。

店舗の収益=総売上-総コスト

オーナーの給与決定の基になってくる店舗の収益は、総売上-総コストという計算式で決定します。

簡単に言えば、店舗の運営費(ランニングコスト)を上回った額が店舗の収益です。

一般的に経営陣の取り分は事業収益の一部となるため、ホストクラブにおいてもオーナーの給与はホストクラブの収益次第。

つまり、どんなに総売上(店売り)が多くなろうとも集客やランニングコストに費用がかかれば利益率が低くなり、オーナー自身の給与は減ってしまいます。

ちなみにこの店舗の運営費には、家賃、光熱費、人件費、税金、各種備品代などが含まれます。

逆を言えば、運営費のコストカットができれば利益率が上がりオーナーの給与も上がるというわけです。

売上が多くても、ランニングコストが高ければ利益率は低くなりオーナー自身の給与も減ってしまいます。

オーナーが最も高収入とは限らない

経営者という立場であるオーナーですが、店舗内で最も高収入になるとは限りません

ホストクラブの場合、最も売上に貢献するのはやはりプレイヤーであるホストです。

ホストが稼げなければ経営陣の収入も増えません。

店舗の収益モデルと規模感次第では、高い売上を誇るプレイヤーの方が経営者よりも高収入になるというケースも考えられるのです。

店舗の規模に応じて儲けやすくなる

ホストクラブは大手グループから個人店舗までありますが、やはり大きなグループで多店舗経営したほうが儲けやすくなります

というのも、多店舗経営は利益率が上がる可能性が高いからです。

多店舗経営はブランド価値を向上するだけでなく、リスク分散、経営コストの分散など多くのメリットがあります。

売上も層状に上がるうえ、利益が多様化し、利益率が高まることは大手グループの経営状態を鑑みれば明白でしょう。

あわせて読みたい
ホストクラブの開業費は最低600万円!?内訳と経営資金の集め方・安く抑えるコツ メディアに出演するホストも増え、近年なにかと注目を集めているホスト業界。 きらびやかな世界で大きな金額が動くとなると、経営に興味を持つ方もいるのではないでしょ...

規模で変わるホストクラブオーナーの年収目安

ホストクラブオーナーの年収目安は、お店の規模感で変わってくる傾向にあります。

ここからは規模感によるオーナー年収の目安を解説します。

歓楽街を有する地方都市:~1億円

地方都市でのオーナー業の場合、年収目安は~1億円です。

地方都市は都市部に比べれば集客しにくい傾向にありますが、大手グループの店舗や一定の知名度のあるお店は高収入が見込めます。

また歓楽街はニーズが合致すれば客足も観光客の流入も期待できますから、利益率が上がりオーナーの年収も上げられる可能性は高まるでしょう。

ただし地方といえどテナント料は高額になりやすく広告費もコストカットしにくいため、経費の管理が年収を上げる要となります。

都市部で多店舗展開:1,000万~数億円

都市部でのオーナー業の場合、年収目安は1,000万~数億円です。

都市部の場合は競合店も多く、年収に大きな差が生まれやすくなります。

とはいえ、都市部は多店舗経営でも店舗ごとの色を強調できれば多店舗経営がしやすく、オーナーの年収も高くなる傾向にあります。

軌道にのれば数億単位の年収も夢ではありません。

大手グループが歌舞伎町に集まり多店舗営業をしているのも、高い利益が見込めるからと言えるでしょう。

あわせて読みたい
ホストクラブを新規出店するには?2つの独立方法と開業手順を解説【経営】 ホストクラブの独立開業は、ホスト業界で働いている人にとっては大きな夢の1つですよね。 しかし独立開業には複雑な手続きや様々な経営知識が必要で、簡単にはいきませ...

高年収であるホストクラブオーナーの特徴

年収が高いホストクラブオーナーには、一定の特徴があります。

高年収であるホストクラブオーナーの特徴

・プレイヤーとして売れた実績がある

・ホストクラブ以外の事業も持っている

・マネジメントが上手で従業員の信頼が厚い

プレイヤーとして売れた実績がある

ホストクラブのオーナーとして高年収を得る人材には、元々プレイヤーとして業界での実績を積んできた人が多数です。

元プレイヤーの場合、過去の実績がブランド力として武器になり、集客や利益に繋がっているからです。

また現役プレイヤー時代のお客様がオーナーとなってからも店舗に来店する可能性が十分あり、中にはプレイヤーと兼任してオーナーを務めるケースもあります。

さらに店舗のプレイヤーについても後輩ホストがついてきてくれたり、過去の実績をもとに育成をアピールすれば求職者が集まってきたりしてくれることもしばしば。

つまりプレイヤー時代の実績を活かし、集客はもちろんのこと、プレイヤーの獲得もできれば店舗の利益率が上がり、必然と年収が上がるでしょう。

ホストクラブ以外の事業も持っている

年収が高いオーナーは、ホストクラブ以外に様々な事業を行っているケースも目立ちます

飲食業をはじめ、ヘアサロンや撮影スタジオといった多岐にわたる事業への進出は珍しくありません。

ホストクラブ以外でもそれぞれの事業で収益を上げられれば、高年収を得られる可能性も高くなるのです。

マネジメントが上手で従業員の信頼が厚い

マネジメントが得意で、ホストや従業員から信頼を得られているオーナーは高年収を得やすいと言えます。

売上を稼いでくれるのはあくまでプレイヤーであるホスト。多くのプレイヤーをしっかりとマネジメントでき、より良い店舗運営に繋げられれば収益が上がります。

というのも、月間1,000万円の利益をもたらすプレイヤーが1~2名いるお店よりも、500万円の利益をもたらすプレイヤーが10人いるお店のほうが総売上は高くなるためです。

お店全体の収益を考え、マネジメントできるオーナーのほうが年収は着実に上がることは明らかです。

ホストクラブの雇われオーナーと独立オーナーの年収差

ホストクラブのオーナーは「雇われオーナー」と「独立オーナー」と分けられ、それぞれ年収に差があります。

雇われオーナーはロイヤリティの支払いが必要

フランチャイズ経営の雇われオーナーは、雇い先へロイヤリティ(商標やノウハウの使用料)の支払いが必要です。

ロイヤリティの金額はお店によりまちまちですが、「売り上げの〇%」と決められているケースが一般的。

そのため、独立オーナーに比べると出費はかさみ、年収が下がりやすい傾向にあります。しかし一定以上の収益があればロイヤリティがあっても大した打撃にはなりません。

雇われオーナーはすでに成功例のあるノウハウを駆使して経営できるため、一概にも年収が低くなるとは言えないのです。

自己出資の独立オーナーはマイナスから経営開始

自己出資して店舗運営を始めたオーナーは、開業してすぐは高い年収はあまり期待できません

大手グループ内での独立であれば費用の支援を受けられる場合も多いですが、個人での独立費用はオーナーが全額負担することになるためマイナスになることは明らか。

開業資金の目安は500万円〜2,000万円ほどと言われていますので、開業してすぐの年収は比較的低くなってしまうでしょう。

経営方法の違いは年収差に直結しない

フランチャイズでの雇われオーナーや独立オーナーといった経営方法の違いは、年収差には直結しません

フランチャイズのオーナーでも独立オーナーでも、成功するお店もあれば失敗するお店もあります。

ただ、業界の慣習としてフランチャイズの雇われオーナーが系列店の経営を担うケースがしばしば。

フランチャイズの場合グループのノウハウを活かせるため、成功確率は高くなるかもしれません。

一方独立オーナーの場合グループの決まりがなく自由にできる分、給与体系に差をつけることで稼ぎ頭であるトッププレイヤーが集まる可能性もあるでしょう。

まずは経営方法にはあまりこだわらず、どのような経営基盤であれば年収を上げやすいのかを一番に考える必要があります。

あわせて読みたい
ホストクラブを新規出店するには?2つの独立方法と開業手順を解説【経営】 ホストクラブの独立開業は、ホスト業界で働いている人にとっては大きな夢の1つですよね。 しかし独立開業には複雑な手続きや様々な経営知識が必要で、簡単にはいきませ...

まとめ:ホストクラブオーナーの年収は利益次第で上がる可能性大!

ホストクラブオーナーの給与は、結局のところ店舗の収益次第です。

オーナーという立場だからといって、高い年収が得られるとは限りません。

現役ホストの方は将来的にオーナーとして年収を上げたいなら、まずは実績を積むのが先。

一方現役オーナーは出店エリアによって多店舗経営にするか否かを判断したり、多彩な事業を展開してみたりと年収の上げ方は多数あります。

如何にして店舗の利益を上げていくかを見極められれば、オーナーとしての年収の増加は期待できるでしょう。

ホストクラブ経営ナビは、ホストクラブ経営者や現役ホスト、独立・開業を目指す方に向けた情報サイトです。ぜひお気軽にお問い合わせください。(営業時間/平日10:00~19:00)

記事のシェアはこちらから
目次